連休が終わり晴天続きもどうやら終わりのよう

今日から、連休が終り仕事が再開になりました。特別なニュ-スがなさそうですので、天気について取上げました。お昼には台風6号が発生したということです。全国の観光客相手の仕事をしているお店などはほっとしていることでしょう。どうも、今年の連休で雨が降らなかったということは50年ぶりだそうです。という天気予報なのですが、早速、南太平洋では台風が発生しました。5月で6ケとは多いようです。例年は2~3ケのようです。そして、沖縄の近くでは梅雨前線があるようです。もしかして、近々、沖縄では早い梅雨入りになるのかも知れません。私は何十年も連休であちこちと動きまわることはありませんでした。いつもの年の通りです。時間の経つのが速いので、自分でツイ-トをする暇がありません。このブログが自動的にツイ-トになっているのです。本来は、二つのサイトを公開したら、外回りをしようと考えていましたが、ノ-トバソコンが手に入りません。そして、ネットで検索したいと思うこともほとんど出来ていません。今日は、会員の方にお見せする法則らしいものを作成しているペ-ジの修正で時間がなくなりました。特に、神経を使うのは、この法則らしいものが使い方によって人の生死を左右するものなのです。だから、簡単に公開するわけにはいかないのです。15ケのうち「法則の法則」といものがあります。それを初めて1つだけ公開しましょう。これは、誰でもわかっていることだからです。ただ、外のものとの関連もありますので、略説だけにしておきます。会員には他のものとの関連もご説明します。法則は信じる人にも、信じない人にも、信じたくない人にも適用されます。眼には見えないが、結果が出てわかります。これが法則らしいものの中心になるものです。以上です。テ-マからははずれましたが、これで終わりにします。             相変らず、パソコンを触っている老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。
それから5月末までには、法人サイトの独自ドメインを取得するつもりです。

[PR]
# by otona_jyuku | 2015-05-07 19:14 | 自然 | Comments(0)

噴火の危険が増す箱根山と観光業の現実

先ほどのニュ-スで最新の箱根山の警戒と規制についての気象庁の記者会見がありました。火山性の地震が強くなり、回数も増えているのです。どうやら、昨日よりも状況は悪くなっているのです。立ち入り規制の範囲が広がり、通行禁止の道路も増えたようです。当然、観光に訪れる人の安全のためには仕方がないのでしょう。おまけに、今日になり、一部の所では非難指示が発表されました。マスコミの記者が地元の売店やお店にインタビュ-をしていましたが、がた減りということでした。やはり、去年の木曽の御嶽山の事故のことを考えればやむを得ないのでしょう。現実は連休の後半になりそろそろ、帰宅を急ぐ人が多くなってきます。この箱根の地元の人は困っていることでしょう。例年ならば、大勢の国内外の人達が訪れて、富士山の登山も含めてお金を落としてくれるはずでした。しかしながら、この噴火の危険には勝てません。それとちょうど、時を同じくして全国の産業遺産群が、皮肉にも世界文化遺産に登録するように勧告が出されたのです。それで、連休で観光に動く人達は従来の観光地とは別の報道された23ケ所の見学に訪れたのでしょう。ものは考えようですが、箱根山や富士山のような従来からの特定の観光地は避けられたのかも知れません。これが観光業の現実でしょう。はっきり言えば、顧客の獲得競争なのです。どうしても、連休の観光はこのような現象が起こるのです。この勧告から本当に世界文化遺産に登録されるかが問題になるでしょう。皆、それを心配していますので7月まで待たなければなりません。        ほとんど観光に出ない老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。
それから5月末までには、法人サイトの独自ドメインを取得するつもりです。

[PR]
# by otona_jyuku | 2015-05-06 17:33 | 自然 | Comments(0)

世界文化遺産の登録の推薦について思うこと

昨日、ユネスコの諮問機関が日本政府が推薦していた世界文化遺産群を推薦するという諮問の結果の連絡がありました。なぜか、日本国内で23ケになるようです。それも、23ケ所をまとめて一つというわけです。この遺産群というものの中には私にかかわりのあるのがいくつかあります。というもの、北九州の八幡製鉄所というのは正に、私が生まれた所の目の前なのです。それから、もう一つはコンピュ-タのSEの時に働いていたのが山口なのです。萩市の電算化について中心になり市役所の人と仕事をした所なのです。住民税、国保、年金、水道業務、市営住宅の家賃管理、保育料の計算などがありました。そして、忘れられない思い出があります。私が営業していて萩市の方が顧客でした。それで、退職して九州に戻る時には、保険関係の有志の方から送別会をしていただきました。恐らく、一生懸命、同市の仕事がうまくいくようにお手伝いをしたことについての感謝の気持ちからでしょう。このことは今でも忘れることが出来ません。その意味では良かったと思います。もう30年以上も前のことですので、当時の人はもう退職しておられないでしょう。また、長崎の三菱重工については、直接関係はなかったのですが、商社の営業している時に先輩について行ったことがありました。どちらにしても、地元の人達は喜びに沸き立っているでしょう。ただ、自分の考えは地元の方には申し訳ないのですが、今回のことはあまり良いとは思いません。なぜならば、あちこちと世界遺産だらけです。何を今更という気持ちです推薦されたほとんどの地域は、興しをしたい という気持ちからでしょう。そのための箔付けを求めたのでしょう世界文化遺産というラベルが欲しいのです。そのラベルがあれば、人が来て地元に金を落としてくれるという期待からです。ただ、現実の問題として、この道に韓国が猛烈に反対をしています。委員会のメンバ-にも韓国の人が入っているようです。反対されるとどうなるのでしょうか?この結果が気になるところです。   
どうでもよい老人より        
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。
[PR]
# by otona_jyuku | 2015-05-05 18:01 | 国際 | Comments(0)

英国王室の第2子誕生と大涌谷の立ち入り規制について

連休の真っ最中で、英国王室の第2子誕生大涌谷の立ち入り規制の二つのNEWSが入ってきました。どちらも自分には関係のないことですが、世の中は人の大移動で忙しいようです。この二つのNEWSのうち後の大涌谷の立ち入りの禁止はやむを得ないし、どうしても必要な情報でしょう。特に、外国からの観光客も大勢来られることが考えられますので安全には欠かせません。ところが、最初の英国王室のNEWSはどうして、皆さんは関心があるのでしょうか?特に女性の関心が高いのではないかと思います。こうしたことは人により、それに対しての関心度合が大きくでしょう。この箱根の外にも、あちこちの火山では、危険情報が出されているのです。観光でこのようなところに行く人は充分注意すべきでしょう。この連休では、全国で色々なお祭りやイベントが行われています。連休のお天気は持ちそうです。どうやら、桜前線は今年の気候でかなり早く北上しているようです。そのため東北や北海道でも各地で予定したことに狂いが出ているようです。お昼の天気予報ではもうすでに台風が6号まで発生しているそうです。そして、数日にはもう一つ発生するかもしれない雲が南太平洋に存在しているということでした。最初のニュ-スの話に戻りますが、子供が誕生したということは良いことです。自分の感覚からすればもう、30年以上前の話ですので、そんなことがあったなァというくらいです。火山の噴火や地震のことは気が抜くことは出来ません。今すぐに動くことはありませんが、やりかけていることが一段落してから、温泉地を探してみたいと思っています。といいながら、毎日、時間が経つのが速いものです。今日は、朝から何をしたのかと考えているうちに、もうこの投稿をする時間になってしまいました。公開したサイトを見ていると、どうしても気になり手を入れたくなってしまいます。今日は法人のサイトを一部修正してアップロ-ドをしました。 凝り性の老人より
 公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
# by otona_jyuku | 2015-05-04 18:48 | 自然 | Comments(0)

日本とキュ-バの関係が前進のようです。

この大型連休でほとんどニュ-スらしいものがありませんが、お昼のニュ-スで日本の外務大臣がキュ-バに公式訪問をしたという報道がありました。以前、アメリカがキュ-バとの国交を回復しようとしていることを取り上げたことがありました。そのときにも触れましたが、オバマ大統領が積極的に進めようとしていますが、議会の中に反対する人がいてなかなか進展していないようです。そうした中に日本の外務大臣が公式訪問したことは、オバマ大統領にとっては良いことでしょう。なぜならば、アメリカの経済界の人達は自分たちが少しでも早く、色々なものを売り込みたいのです。そこに、日本の大臣が公式に訪問したとなると心が穏やかではないでしょう。特に、自動車産業や観光業などは、日本がどんどん進出していくと、シェアを奪われるという危機感を持つことでしょう。キュ-バの側からすれば、絶好のチャンスでしょう。アメリカのほうがもたもたしていると、日本から購入するということが言えることでしょう。もちろん、日本だけではなく、中国、韓国も虎視淡々と狙っているでしょう。この様に外交に進展があっても日本の社会にはほとんど影響はないのかもしれません。キュ-バからみれば、これまではアメリカのことを気にしてあまり積極的ではなかった日本の企業がどんどんと進出していくことに歓迎することでしょう。見方を変えれば絶好のチャンスです。キュ-バとアメリカが国交回復をすれば、メジャ-も有望な選手を金にものをいわせて、勧誘するのは眼に見えています。それとは別に、これからは貿易の品物や人の動きも変っていくでしょう。推測ですが、おそらく、日本の各航空会社はキューバへの直行便を飛ばすための準備をしていることでしょう。なぜなら、自動車産業、商社、観光業界の会社は当然、新しい市場になるので、企業人がキュ-バに行くわけです。アメリカに気兼ねしなくて済むから、積極的になるでしょう。             キュ-バとは全く関係のない老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
# by otona_jyuku | 2015-05-03 18:14 | 国際 | Comments(0)

連休に伴う大移動とお宝の山のお話

いよいよ、大型連休が始まりました。各局は、毎日のニュ-スは特別なことがないのでこれを報じています。30年前に全てをなくした私は全く関係がありませんし、動き回る予定もありません。気楽といえば気楽です。今は、毎日、公開したペ-ジの見直しをしています。完成した時は完全になったと考えていましたが、見方を変えてアクセスする人の立場から見ましたら、かなり穴だらけでした。法人用のペ-ジでも、個人用のペ-ジでも同じでした。自分のことはさておき、世の中はまるで大移動の真っ最中です。私のような年になると普通の人はの離れて生活している子供や孫たちと会って親戚一同、賑やかでしょう。若い人に気を使い、金を使うこと避けられません。一人は慣れれば気楽なものです。特別なニュースもなさそうですので、4月11日に投稿した「お宝の山」のことについて、触れてみようと思います。誰しも「お宝」と聞けば高価な美術品や骨董品を連想することでしょう。でも、私のいう「お宝」とは本当のお宝なのです。すなわち、「金」とか「宝石」を考える人でも、家族の幸せを「お宝」と思う人にとっても大切なものです。前述した高価な美術品や骨董品も含みますが、人は自分の考えと行動によって得ることが出来るものなのです。その方法を法則らしいものを使って手にいれることが可能になるのですただ、誤解されてはなりませんが、法則らしいものがわかってもすぐ手に入るものではありません。自分の行動が決めるものなのです。どのように考えて、どのように行動するかで決まるものです。そして、その法則らしいものは、ほとんど皆さんが知っておられることばかりなのです。最初の大移動の結果、子供や孫がいれば、昔話をして欲しいものです。なぜならば、この法則らしいものは1つを除き昔の人が語り継いできたものだからです。もうこれ以上は紙面が足りませんので、ここらで終わりにしょうと思います。会員になった人にはその詳しいことをお話しようと考えています。  昔話をして欲しい老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
# by otona_jyuku | 2015-05-02 19:22 | 社会 | Comments(0)

救出が続くネパ-ルの地震被災者の感動!!!

ネパ-ルで大きな地震が発生したという報道で心配なことがありました。というのは、以前、こんな秘境に住む日本人というTV番組で、ある若い女性を取り上げたものがありました。JICAから派遣されてネパ-ルの奥地で助産師として活躍していた人がいました。この人がどうなっているかわかりません。もしかして、任期が終わり帰国しているのかも知れません。そうでないとすれば、無事でおられることを祈るだけです。話は飛躍しましたが、この数日、ネパ-ルの情報が刻々と入り報道されています。前回、取り上げた時の死亡者は3000人以上と書きましたが、今日現在で、もう6000人を越えたということでした。負傷者数は10000人を超えたそうです。そして、地震の発生から120時間以上経過していますが、次々と生存者が救出されているニュ-スが流れています。死者の数ばかりが増えますと悲しくなります、生存者の救出はほっとする情報です。現地で捜索しておられる方は大変だろうと想像いたします。それでも、捜索の中心はどうしても首都から先に捜索するようになっているのでしょう。周辺の地域には交通網が寸断されているようですので、その復旧から取りかかる必要があります。その後で、捜索になるので、どうしても時間との勝負になってしまいます。だから、犠牲者の数も増えていくのは仕方がないでしょう。報道では重機が足りないということですが、そう簡単に運搬をすることも出来ないでしょうし、この国にはどれ位の重機あるのかもわかりません。ただ、重機だけではありません。当然、燃料の重油も必要になりますし、移動させるには、それを積んで運ぶためのトレ-ラ-もいるのです。頼りは、自衛隊でしょう。自衛隊は、もともとそうした重機や運搬用のトレ-ラ-を所有して輸送機で一気に移動することが出来るからです。今日、自衛隊の医療の本隊がネパ-ルに入るようです。さて、重機や運搬用のトレ-ラ-を持っていくようになっているかどうかはわかりません。遠くから、ニュ-スを見ているだけです。現地におられる全ての捜索隊の人達の二次被害に合わないように祈るだけです。        すべての捜索隊の人に感謝する老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
# by otona_jyuku | 2015-05-01 20:42 | 自然 | Comments(0)

ドクタ-・イエロ-の仕事は役割を果たしているのだろうか???

これまでの長い歴史の中で、死亡事故ゼロを売り文句で海外に売り込んでいるJR東日本はどう思うかという架線事故がまた発生しました。いつものことながら数多くの人が迷惑をこうむった事故がありました。幹部は何もコメントを発表しませんが、日本人はおとなしいというか、諦めているような感じです。TVで新幹線の特集や広告を兼ねた番組ではきれいごとをいっています。その中で、目立つのがドクタ-・イエロ-という点検専用の新幹線です。これは本当に点検していれば、先日の架線切れで停電をすることが避けることが出来たでしょう。ましてや、雨の中ホ-ムもない所で降ろされて数キロも歩かされた人がいたのです。事故が発生してもたいして情報を流すこともなく顧客無視も甚しいと思います。なにせ、人間がやることなので完全はありえませんが、その対応がまるで官僚のようなお粗末極まりないものだったようです。首都の中心でも、関連する都市間でも、大勢の人が混乱しているわけです。それも、開業してまだ、間がないような所ならば納得がいきますけれど、同じような事故でホ-ムのない所で顧客を降ろして歩かせているニュ-スは何度も見ています。それでも、幹部は知らん振りです。私は利用はしませんが、迷惑をこうむった方はどのように思うのでしょうか??ドクタ-・イエロ-は何のためのものですかと言いたいのです。検査する距離が長いとか、ダイヤが過密でその時間がないとか弁解するしょう。それならば、顧客を線路に降ろして歩かせるようなことはするなと言いたいのです。万一、そうしたことが発生すればすぐに緊急用の列車を走らせればよいでしょう。別に電車でなくても、ディゼルで走るものでもよいではないかと思いますよ。読者でこの影響を受けた人は多いのではないかと思います。まず、顧客が大勢で声高く訴えないと、変らない 思います。というのは、旧国鉄の精神がこれと同じだったからです。はっきりいえば、親方日の丸だからです。人のことはどうでもいいのです。皆さん、JRに声を上げましょう。  JRに腹が立っている老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
# by otona_jyuku | 2015-04-30 18:50 | 事故・トラブル | Comments(0)

これからの有望産業とは何だろうか???

昨夜、あるTV番組でホンダのプライベ-トJETの裏側を取り扱ったものを見ました。それをみてつくづく、これからの若い人はいいなと思いました。というのは、政府の推進している宇宙産業に加えて、三菱のMRJという航空機に代表されるものがどんどん進化しているからです。以前であれば、アメリカは零戦の優秀な技術と日本のものづくりに警戒して、何かと難癖をつけていました。それが原因で日本の航空機産業は欧米を始め、各国からかなり立ち遅れてしまいました。どうやら、それもなくなりつつあり、ホンダのプライベ-トJETや三菱のMRJも動き始めています。そして、加えて「はやぶさ」に代表される人口衛星もかなり進化しています。昨日の番組では海外の部品に頼ってホンダの部品の製造会社が困っていたようです。それが、日本の中小企業の技術に眼を向けて今は部品も量産化を始めています。大阪の人口衛星「まいど」もあります。こうしたことから、ものづくりの世界では、音はしませんがメリメリという感じで産業の大変革が動き始めています。すなわち、こうした産業が大きく動いていくでしょう。これからの若い人は目先の欲に捕らわれないで、自分のやりたい有望な仕事をみつけて未来に向けて、頑張ってもらいたいものです。先日も、取り上げましたが、原子力を推進力に使う宇宙ロケットが実現したり、ドロ-ンを大型にした乗り物が出てくることでしょう。また、リニアの工事が始まりましたが、少し先の未来は太平洋や地中海などで海中リニア弾丸列車が走ることになるであろうと想像しています。また。現実の問題では孫社長が公表された電力の国際間の融通も夢ではありません。また、採算の問題と政治の問題さえ解決すれば、ロシアからガスをパイフラインで輸入することも出来るでしょう。このようなことは、夢ではありません。私が昭和44年に将来はコンピ-ターの時代といって、転職したのがついこの前のような気がします。だから、これからの人はどこに目をつけで何をやるかでしょう。その意味では時間はあまりありません。そして、誰もが認める技術やノ-ハウを持てれば目先のくだらないことに時間を使うのがはからしくなります。あのドロ-ンをとばした男にこのようなことを言ってやりたいものです。                どうやら先の見える老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
# by otona_jyuku | 2015-04-29 17:54 | 技術 | Comments(0)

大活躍をする錦織圭選手に大拍手をしましよう!!!

今日は、久しぶりにスポーツの話題に触れてみましょう。年をとりますと、スホ-ツは自分でやるより見るほうが多いでしょう。身体が思うように動かないこともありますが、下手にやりますとあちこちと痛い所が出てきます。昨日のお昼のニュ-スで錦織圭選手がスペインオーブンで去年に続き優勝したということです。優勝するだけでも大変なのに連覇するというのはすごいと思います。専門の経験者の方の解説を聞いていて、なるほどなと感じました。彼は最近まで、この赤土のコ-トは少し苦手にしていたようですが、名コ-チの助言もあり、もちろんご本人も努力をしたのでしょう。この苦手ということは今ではまったく感じられません。克服したのでしょう。この選手のことはほとんど知りませんが、報道から得た知識から想像しますと錦織圭選手は苦しい練習や多くの移動の疲れなど多くの困難に耐えているのでしょう。そして、当然ながら、数多くの敵というかライバル達が存在しています。おまけに、チャンさんという名コ-チが適切な指導をしているのでしょう。この1~2年の彼の活躍は、法則を研究しています私の事例に取り上げたい活躍です。というのは、錦織圭選手は法則など当然考えていることはないでしょう。しかし、私の眼から見ますと3つの法則のようなものが関係していると考えています。それは、まず第一に、苦しい練習や多くの移動の疲れなど多くの困難に耐えているということです。耐えるというのは人に不思議な力を与えるのです。第2には数多くの敵というかライバル達が存在していて、競争をしているから、実力がつくのです。そして、最後に、コ-チの助言です。コ-チはインタビ-ュ-で言われていました。彼は必ず勝てるといわれます。それです。信念です。こうしたことから、5月に行われる全仏オ-プンが見ものでしょう。私は、かなりよい成績を残すのではないか期待しています。これは、単なる希望ではなく、法則らしいものが結果を出しているから、そのような感想を持っているのです。  錦織圭選手に拍手を送る老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。     

[PR]
# by otona_jyuku | 2015-04-28 17:32 | スポ-ツ | Comments(0)