<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

また政府の要人が憲法や法律を無視する発言です。正に本性がまる出しです。

昨日、総理の側近が憲法や法律を無視する発言をツイ-トしました。それがわかってから、国会はもめています。この人物は、まだ若いのですが、東京大学の法学部卒業の元高給官僚で、自民党から選挙に出て議員になった男です。根が正直なのでしょう、本音をつぶやくのです。そのことがどのようなことなのか考えないのでしょう。騒がれてあわてて弁解をしています。高校を卒業して、東京大学に入り、考えていた官僚にもなったのでしょう。そこに、壁や困難や世間の厳しさは全く経験していないのです。だから、お昼の番組で、マスコミのベテラン記者の人が言っていましたが、「常日頃から人を見下すようなものをいう人のようです。」そういう人物が総理には必要だったのでしょう。だから、総理の側近は、気にいらないものは抹殺するという北朝鮮の粛清と同じで身内の人を殺してしまう体質と同じです。しかしながら、こうしたことは今に始まったことではありません。江戸時代の前半から、官僚が全てを握りコントロ-ルしてきたのです。それがも続いています。徳川幕府の言葉に「寄らしむべからず、知らしむべからず」と言われていました。幕府の役人は「庶民を近づけたらいけない。」のです。そして、「知られては困るのです」このようなことは、2000年の現在も続いているのです。その証拠に政府や官僚経験の議員がこのようなことを平気でツイ-トするのです。そして、政府、自民党は躍起になってごまかそうとしています。しかしながら、こうした人達は矛盾の法則を知らないのでょう。だから、本心がバレルのです。
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」と法人サイト
http://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.htmlです。覗いてください。
両方のサイトでお試しをした方に成功者と失敗者の事例の一部
を7月からお見せします。
[PR]
by otona_jyuku | 2015-07-31 17:40 | 歴史 | Comments(0)

またしても、巨大企業でお家騒動です。どこかの家具販売会社につづく騒動です。東芝はどうなるの?

この所、ヨ-ロッパのEUとギリシャの問題から、中国の経済まで、経済関係の報道が目立っています。どうしても、お金のことになりますと、無視することは出来ません。それは、生活に直結するからです。今日の午後の番組で、ニュ-スではありませんでしたが、ガムで有名な国際的な大企業がもめているというのです。創業者とその跡継ぎの子供達間の争いです。子供と言っても30も40も過ぎたオトナです。どこかの家具の会社と同じような構図になっています。基本は間の欲のなせることなのです。なければないで寂しいのですが、巨額の金にかかわるとどうしても争いになるのでしょう。この会社は日本と韓国で大きな仕事をしているようです。韓国では財閥の一つと言われています。マスコミでは「骨肉の争い」と表現するとセンセ-ショナルでインパクトかあるのでしょう。私の作成しているサイトで取上げている事例の中には、非常にうまくいっている会社もあります。それを知ると、もめる会社とうまくいっている会社は何が、違うのだろうかと考えました。そこで、出てきましたのが親の人間的な資質に関係があるのではないかと思います。うまくいっている所は、親が元気でいて子供は親の言うことに従う時にしっかりとした教育をしているかどうかでしょう。親が仕事ばかりで子供のことを後回しにしていたのではないかと思います。このことで有名な毛利元就の言葉が思いだされます。彼は子供が小さな時から、兄弟で喧嘩しないように三本の矢を使い、1本ならすぐ折れる。3本なら折れないことを元に子供に仲良く協力することを教えたのです。どんなに巨額の金があっても、取り合いして骨肉の争いではなにもなりません。残るのは、会社のイメ-ジの悪さだけです。
別れて子供がいない老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」と法人サイト
http://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.htmlです。覗いてください。
両方のサイトでお試しをした方に成功者と失敗者の事例の一部
を7月からお見せします。
[PR]
by otona_jyuku | 2015-07-30 18:39 | 経済 | Comments(0)

やはり予測どおりに、中国の経済はおかしくなっているのかも知れません。市場も予知したのかな。

今日やっと、ここ北部九州が梅雨明けしました。暑さは相変わらずムシムシしています。暑いからと言ってどこにも行くことは出来ません。ここは団地ですので、管理がしっかりしているというか、お役所しごとなのかわかりませんが、URは毎年この時期になりますと、団地の中の芝生の刈り込みと植え込みの樹木の剪定をします。今年も、例年通り始まりました。なぜかといえば、この作業が始まると電動の鋸や草刈機が猛烈な音を出すのです。だから、蒸し暑いといって、戸を開いていますととても室内にはおれません。この作業は、4月にも実施するのです。4月の時は市立の図書館に非難すればエアコンの効く所で本も読めます。しかしながら、今の時期は夏休みになっていますので、図書館は子供たちが一杯です。座る所もありません。仕方なく、自宅の作業していない側の部屋に移動して、うるさい方の戸をしめて反対の戸をあけて仕事をしています。あまり暑いので、つい自分のことばかり書きましたが、テ-マの中国の経済は7月25日の投稿で触れて、薄々とおかしくなりそうだと書いていました。どうやら、このことが的中したような感じがしています。なぜならば、世界中のプロが投資という欲で巨額の金を動かしているマ-ケット(株式市場)でこの数日、平均株価が連続して100円以上の値下がりが続いています。今日の結果はどうなったのかまだわかりません。株を買っている所でおかしなことになれば、この会社は別の所で株式を発行しているのです。当然。影響は出るでしょう。前回の投稿ではEU内での対立に触れましたが、中国の国内のことは全くわかりません。色々な報道からも、裏の経済が大きくて大きな力があるのでしょう。おまけに体制が特別なものですので、なお読めないでしょう。                       先の見通しをする老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」と法人サイト
http://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.htmlです。覗いてください。
両方のサイトでお試しをした方に成功者と失敗者の事例の一部
を7月からお見せします。
[PR]
by otona_jyuku | 2015-07-29 19:09 | 経済 | Comments(0)

韓国のMERSの感染の広がりはどうやら、抑えられたようです。大きな広がりにならなくてよかったです。

台風が消えてやっと落ち着いたら、ショッキングな飛行機の墜落事故でした。報道されるニュ-スも次々と色々なことが出てきます。今日のお昼のニュ-スでは、韓国のニュースを流していました。すなわち、韓国政府の首相が記者会見で、蔓延していましたMERSの感染があと一人の隔離者だけを残すだけの状態になったと表明しました。このことは事実上の終息宣言と受け取られています。国際間で感染が広がった場合には、終息宣言はWTOが最後の感染者が発生して28日の間、新しい感染者が発生していない時に「終息宣言」を出すということです。このことは知りませんでした。いい勉強になりました。ということで、まず、お隣の国から連鎖して感染が広がることが懸念されていましたので、ひとまず安心ということです。それでも、カレンダ-を見ましたらすでに7月も残り3日だけになりました。というのは、暑いのは台風が持ち込んだこの猛烈な暑さと思っていましたが、例年でもこの時期になりますと暑いのは当然だというわけです。毎日、夕方のニュ-スでは、連日熱中症で何人救急搬送されて、何人亡くなったとか、あるいは、海の事故で何人行方不明とか死亡したという情報が流れます。最近では、一人暮らしで自己管理して麦茶を冷やしたり、スポ-ツ飲料を交互に飲んでいます。おかげで、何とか救急搬送されないで済んでいます。それも、公開したサイトの相談をいよいよ実行に移す必要がありそうだからです。それなりに、予想される仕事は予め準備はしていたつもりですが、やはりチョット漏れもありました。それから、昨日と今日の朝、この法則らしいものについての新しいことがわかりました。この内容は大変重要なことです。このメカニズムについてのことです。    そのため熱中症で倒れてしまうことが出来ない老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」と法人サイト
http://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.htmlです。覗いてください。
両方のサイトでお試しをした方に成功者と失敗者の事例の一部
を7月からお見せします。
[PR]
by otona_jyuku | 2015-07-28 19:02 | 健康 | Comments(0)

初めて芸能界のことを取り上げてみます。生活のためにはプライバシ-も犠牲になります。

昨夜の9時頃に最接近したと思われていた台風12号は消滅してしまいました。テレビの速報では7時頃に長崎県の佐世保市に上陸したとテロップが流れていました。しかしながら、福岡市の周辺の現在地では全く何もありませんでした。というか、12時に寝る前に外の模様をみてみましが、雨さえ降っていませんでした。結果的に、熱帯性低気圧になったという報道でした。若い頃から営業で九州全域を回っていましたので、台風の眼の中に入ったこともありました。鹿児島に出張した時に旅館に宿泊していて窓から見たら、空には星がきらめいていたこともありました。私の住むこの地方では台風はいつもこのようになる立地なのです。前置きが長くなりましたが、今日の3時の芸能ニュ-スを見ていましたら、相変わらず、芸能人のプライバシ-ばかりを取り上げていました。この年になってタレントの私生活を見たり聞いてたりしても仕方がないのですが、どういうわけか、世間一般の人はこのような話がお好きなようです「自分は麻薬取締法違反で服役している元タレント」の人が、別の芸能人の逮捕というニュ-スが出たら人ごとなのでしょうそれなりのコメントしていました。つい「あんた、自分のことはどうなの?」と言ってやりたくなります。いわゆる、芸能レボ-タ-という仕事をしているプロからみて、批判することはわかりますが、上の元タレントみたいな人は芸能レボ-タ-として取り上げてはならないと思います。このような芸能界という世界は自分達の私生活やプライバシ-も商品のうちのように扱われて、売り物になっているのが現実でしょう。周りにこの世界にかかわりのある人がいないので何とも言えません。               私生活やプライバシ-も売り物にする芸能人に少し疑問をもつ老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」と法人サイト
http://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.htmlです。覗いてください。
両方のサイトでお試しをした方に成功者と失敗者の事例の一部
を7月からお見せします。
[PR]
by otona_jyuku | 2015-07-27 18:24 | 文芸 | Comments(0)

また、衝撃的なニュ-スです。住宅地の真上から軽飛行機が突っ込んできました。

そろそろ、台風12号が今夜あたり、最接近すると思っていた矢先、お昼のトップニュ-スは住宅の真上から軽飛行機が住宅の上に墜落しました。どうやら、離陸してまもなく墜落したようでした。そして、その家と近くの家の3軒が火事になり、全焼したようでした。3時頃には重体といわれていた人は亡くなった速報がありました。その現場は東京の調布市の住宅地の中でした。調布飛行場から5キロくらい離れた所でした。被害の詳しい情報はわかりませんが、せっかくの日曜日にまた、悲しいニュ-スが流れました。本来は。先日取り上げましたアメリカの冥王星の探査機のことを取り上げて、楽しいものにしようと思っていました。それから、10年前に欧州で打ち上げられて追尾されていた「彗星探査プロジェクト」のロゼッタ計画にも触れようと思っていましたが、残念なことにこんなニュ-スと一緒に書くことになってしまいました。墜落した軽飛行機のほうは当然、危険を承知で飛んでいるのでしょうが、落ちてきて被害にあった人からすれば、正に、晴天の霹靂でしょう。この悲しい話はこれまでにして、冥王星の探査機が最接近した結果、かなり多くの映像が送信されてきているようです。私の年齢から見れば、冥王星とは宇宙のかなたの惑星と覚えていました。その星の映像がリアルにカラ-でかつ動画までも見ることが出来るのですおおげさですが、 「生きていてよかった」というのが本音です。おまけに、極めて遠い冥王星とは別に、数万倍も小さな星といえないくらいの彗星のガスの帯の映像も見ることが出来たのです。
「生きていてよかった」と思っている老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」と法人サイト
http://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.htmlです。覗いてください。
両方のサイトでお試しをした方に成功者と失敗者の事例の一部
を7月からお見せします。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-07-26 18:27 | 事故・トラブル | Comments(0)

表面上は落ち着いて見える欧州のギリシャの問題ですが、どうやら南欧と北の方の亀裂が深まったようです。

この数日のニュ-スでは、欧州のギリシャ問題のニュ-スが目立ちません。何とかなっているように見えますが、詳しい解説を見てみますと状況はそんなに楽観出来る状態ではなさそうです。というのは、表面的に日本や世界の株式市場から判断しますと、平穏になっているように見えます。しかしなから、実態はEUの分裂の動きが始まったように思われます。というのも、フランス、イタリア、スベインなどの南欧の諸国はギリシャに同情的です。暖かい地方ですし、国民性も近い思われます。いずれの国もほとんどドイツに対する反発的な感情をもっているようです。それとは逆にドイツ周辺の寒い地方の国々はほとんど、旧ソ連から離れた元の東欧諸国が多いのです。そのために、ほとんどが、年金の制度でもギリシャの半分以下しかもらえない人が多い中で、緊縮財政に耐えているようです。インタビュ-ではこのような国の人からすれば、自分達より楽な生活をしているのになぜ助けなければならないか納得がいかないというのです。そうした中で、南シナ海の問題も絡み、アメリカとの関係もあり中国の動きから目が離せないと思います。中国の経済はもう恐らく中国共産党政府の舵取りはかなり難しいと思います。中国の経済のために世界経済が、一気に恐慌に陥るとは思われませんが、楽観出来るような状態ではないようです。その証拠になるのかわかりませんが、先日、香港からの報道では中国の民主化を推進してきた人々が拘束されたり、行方がわからない人がいると言っていました。恐らく中国の政府は経済に何かあれば、動き出されて政権が崩壊することを恐れていて、先手を打っているのではないでしょうか?このことはあくまでも、私の推測に過ぎませんが、何も怒らないことを念じるしかありません。        世界の経済はつながっていると思う老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」と法人サイト
http://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.htmlです。覗いてください。
両方のサイトでお試しをした方に成功者と失敗者の事例の一部
を7月からお見せします。
[PR]
by otona_jyuku | 2015-07-25 18:34 | 経済 | Comments(0)

あの東芝の社長などが3人も役員が退陣だ。そして、飲酒の市議も次々に逮捕される。

このニュースは数日前に報道されたものを取り上げました。これが問題になる最初のキッカケはわかりませんが、どうも金額がかなりのものです。どこまで、事件性があり警察から調べられているのかもわかりません。この報道で知ったことなのです。ニュ-スでは社外取締役が監視する役目なのに、役に経たなかったということでした。この報道は弁護士を含む第三者委員会が発表したもののようです。どうやら、辞任する社長経験者達が社長になった時から、粉飾が始まったようです。売上も利益も現場の社員から見れば到底、無理だということがわかっていても、誰も反対も出来ないような状態であったと報告されています。粉飾売上水増しは営業の経験がある私にはよくわかる話です。特に、私のいたのがライバルの日立でしたので、なんともいえない気分になりました。地方の営業所では、これに近いきわどいことが行われている可能性はあるでしょう。忘れもしませんが、日立系の会社のセ-ルスエンジニアをしていた山口の営業所で管理職の課長や所長が苦労していたことを思い出します。かなりハードな営業でしたが、よい経験になりました。この時に、生まれて初めて熱中症になりました。幸い、翌日が休日だったので病院にも行かないで済みました。話が飛躍しましたが、東芝はアメリカの株式市場でも株を発行していましたが、それを買った人が東芝のこの粉飾売上水増しのためにウソの情報により株で損害をこうむったとしてアメリカの裁判所に訴訟を起こしたことも伝えられました。これとは関係がないのですが、山口の営業所の時のことを書き、飲酒運転をして自殺した町役場の人のことを思い出したのです。昨日、どこかの市議2人が飲酒で事故を起こし逮されました。自殺するなど全く考えもないでしょう。       この市議二人にあきれている老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」と法人サイト
http://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.htmlです。覗いてください。
両方のサイトでお試しをした方に成功者と失敗者の事例の一部
を7月からお見せします。
[PR]
by otona_jyuku | 2015-07-24 18:26 | 事故・トラブル | Comments(0)

久々に夢のあるニュ-スがありました。日本人宇宙飛行士が飛び立ちました。賞をもらった先生の相方は悩むのか?

今日は、お昼のNEWSでも4時のNEWSでも、日本人宇宙飛行士の油井亀美也さんが宇宙に飛び立ったことを報じました。どうやら、発射して5~6時間で宇宙ステ-ションに到着したということです。朝、日本時間の6時2分に発射してから11時45分に到着したということです。国際宇宙ステ-ションに行くには、アメリカのアポロが発射しなくなったので、ロシアのソユ-ズで行ったようです。発射されたのはカザフスタンのバイコヌ-ル基地からです。このようなNEWSは何度見ても、わくわくするものです。彼は航空自衛隊の精鋭のパイロットでした。詳しいことは色々報道されていますので省略します。油井さんの任務というのは、8月に日本から打ち上げられる国際宇宙ステ-ションに必要な食料や各種の部品などを運版するためのこうのとり」という衛星をロボット・ア-ムを使ってキャッチして国際宇宙ステ-ションにドッキングさせることのようです。アメリカのNASAの地上から先輩の若田さんと交信しながらやるのです。そして、油井さんは5ケ月の間、国際宇宙ステ-ションに滞在して、実験などもして、任務を終了させて12月地球に帰還する計画というのです。任務をはたして無事に地球に戻ってきて欲しいものです。この話はこれ位にして、先日、文学の有力な賞を貰った芸人さんのことです。3時の芸能ニュ-スでの情報では、受賞した作家の先生になったご本人のことではなく、その相方の芸人さんが、これからどうしたらよいかと悩んでいる話をしていました。というのも、出版者の情報で、もう次の作品を書いてもらいたいいとう話がされているようです。当然、相方にもこのようなことは伝わるでしょう。そしたら、相方になれば不安になるでしょう。コンビを続けるべきかとか色々と悩むでしょう。       相方に同情している老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」と法人サイト
http://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.htmlです。覗いてください。
両方のサイトでお試しをした方に成功者と失敗者の事例の一部
を7月からお見せします。
[PR]
by otona_jyuku | 2015-07-23 18:37 | 文芸 | Comments(0)

哀れ、哀れ、台風のもたらした熱風が、3つの家庭を壊してしまいました。そして、基本を忘れた人も!!!

この数日はブログのテ-マの作り直しや前の仕事の続きで忙しく、お昼も、4時のNEWSもあまり見ていませんでした。そのため、二日前に発生していた思わぬ事故のことを知りました。タイトルに現したことが感想です。すなわち、3つの台風がもたらした、熱帯の猛烈な暑さが、3つの家庭を壊してしまいました。というのは、亡くなられたお二人とも、家庭の大黒柱の働き盛りのお父さんです。家族を守ろうと必死で、電流の通っている川に入ったのでしょう。報道によりますと100ボルトの家庭用電源を強くするために変圧器という機械を設置していて400ボルトにまで大きくしていたのです。これなら、触れただけで感電死しますヨ。だから、その他の子供やお母さんまで、大怪我になったようです。恐らく、全員感電死ということも考えられたでしょう。この家族は、3連休の最後の日でこの、猛烈な暑さをしのぐために、山の中の小川に来たのでしょう。おまけに、この危険な電気柵を設置している人は危険の表示をするものを何も出してないということでした。恐らく、田舎の山に、このように人が来ることを予測していなかったのでしょう。でも、法律ではこの危険の表示は義務付けられていたようです。これから、これを設置した人は警察から取り調べを受けることになるでしょう。死亡した家族とゲガをした人はどの程度かわかりませんが、恐らく、遺族やその親戚の人から損害賠償を求められるでしょう。このNEWSを見て、つくづく人間の生活は全て基本を忘れてはならないこと実感しました。被害に遭われた家族はまさかそんなものがあるとは全く知らなかったのでしょう。電気柵を設置した人はこの基本を怠ったのです。恐らくこの人も家族がいるでしょうが、しかしながら、これまで通りの生活は出来ないでしょう。はたして、どのようになることでしょう。
全て基本を忘れてならないと実感している老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」と法人サイト
http://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.htmlです。覗いてください。
両方のサイトでお試しをした方に成功者と失敗者の事例の一部
を7月からお見せします。
[PR]
by otona_jyuku | 2015-07-22 18:37 | 文芸 | Comments(0)