<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ドクタ-・イエロ-の仕事は役割を果たしているのだろうか???

これまでの長い歴史の中で、死亡事故ゼロを売り文句で海外に売り込んでいるJR東日本はどう思うかという架線事故がまた発生しました。いつものことながら数多くの人が迷惑をこうむった事故がありました。幹部は何もコメントを発表しませんが、日本人はおとなしいというか、諦めているような感じです。TVで新幹線の特集や広告を兼ねた番組ではきれいごとをいっています。その中で、目立つのがドクタ-・イエロ-という点検専用の新幹線です。これは本当に点検していれば、先日の架線切れで停電をすることが避けることが出来たでしょう。ましてや、雨の中ホ-ムもない所で降ろされて数キロも歩かされた人がいたのです。事故が発生してもたいして情報を流すこともなく顧客無視も甚しいと思います。なにせ、人間がやることなので完全はありえませんが、その対応がまるで官僚のようなお粗末極まりないものだったようです。首都の中心でも、関連する都市間でも、大勢の人が混乱しているわけです。それも、開業してまだ、間がないような所ならば納得がいきますけれど、同じような事故でホ-ムのない所で顧客を降ろして歩かせているニュ-スは何度も見ています。それでも、幹部は知らん振りです。私は利用はしませんが、迷惑をこうむった方はどのように思うのでしょうか??ドクタ-・イエロ-は何のためのものですかと言いたいのです。検査する距離が長いとか、ダイヤが過密でその時間がないとか弁解するしょう。それならば、顧客を線路に降ろして歩かせるようなことはするなと言いたいのです。万一、そうしたことが発生すればすぐに緊急用の列車を走らせればよいでしょう。別に電車でなくても、ディゼルで走るものでもよいではないかと思いますよ。読者でこの影響を受けた人は多いのではないかと思います。まず、顧客が大勢で声高く訴えないと、変らない 思います。というのは、旧国鉄の精神がこれと同じだったからです。はっきりいえば、親方日の丸だからです。人のことはどうでもいいのです。皆さん、JRに声を上げましょう。  JRに腹が立っている老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-04-30 18:50 | 事故・トラブル | Comments(0)

これからの有望産業とは何だろうか???

昨夜、あるTV番組でホンダのプライベ-トJETの裏側を取り扱ったものを見ました。それをみてつくづく、これからの若い人はいいなと思いました。というのは、政府の推進している宇宙産業に加えて、三菱のMRJという航空機に代表されるものがどんどん進化しているからです。以前であれば、アメリカは零戦の優秀な技術と日本のものづくりに警戒して、何かと難癖をつけていました。それが原因で日本の航空機産業は欧米を始め、各国からかなり立ち遅れてしまいました。どうやら、それもなくなりつつあり、ホンダのプライベ-トJETや三菱のMRJも動き始めています。そして、加えて「はやぶさ」に代表される人口衛星もかなり進化しています。昨日の番組では海外の部品に頼ってホンダの部品の製造会社が困っていたようです。それが、日本の中小企業の技術に眼を向けて今は部品も量産化を始めています。大阪の人口衛星「まいど」もあります。こうしたことから、ものづくりの世界では、音はしませんがメリメリという感じで産業の大変革が動き始めています。すなわち、こうした産業が大きく動いていくでしょう。これからの若い人は目先の欲に捕らわれないで、自分のやりたい有望な仕事をみつけて未来に向けて、頑張ってもらいたいものです。先日も、取り上げましたが、原子力を推進力に使う宇宙ロケットが実現したり、ドロ-ンを大型にした乗り物が出てくることでしょう。また、リニアの工事が始まりましたが、少し先の未来は太平洋や地中海などで海中リニア弾丸列車が走ることになるであろうと想像しています。また。現実の問題では孫社長が公表された電力の国際間の融通も夢ではありません。また、採算の問題と政治の問題さえ解決すれば、ロシアからガスをパイフラインで輸入することも出来るでしょう。このようなことは、夢ではありません。私が昭和44年に将来はコンピ-ターの時代といって、転職したのがついこの前のような気がします。だから、これからの人はどこに目をつけで何をやるかでしょう。その意味では時間はあまりありません。そして、誰もが認める技術やノ-ハウを持てれば目先のくだらないことに時間を使うのがはからしくなります。あのドロ-ンをとばした男にこのようなことを言ってやりたいものです。                どうやら先の見える老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-04-29 17:54 | 技術 | Comments(0)

大活躍をする錦織圭選手に大拍手をしましよう!!!

今日は、久しぶりにスポーツの話題に触れてみましょう。年をとりますと、スホ-ツは自分でやるより見るほうが多いでしょう。身体が思うように動かないこともありますが、下手にやりますとあちこちと痛い所が出てきます。昨日のお昼のニュ-スで錦織圭選手がスペインオーブンで去年に続き優勝したということです。優勝するだけでも大変なのに連覇するというのはすごいと思います。専門の経験者の方の解説を聞いていて、なるほどなと感じました。彼は最近まで、この赤土のコ-トは少し苦手にしていたようですが、名コ-チの助言もあり、もちろんご本人も努力をしたのでしょう。この苦手ということは今ではまったく感じられません。克服したのでしょう。この選手のことはほとんど知りませんが、報道から得た知識から想像しますと錦織圭選手は苦しい練習や多くの移動の疲れなど多くの困難に耐えているのでしょう。そして、当然ながら、数多くの敵というかライバル達が存在しています。おまけに、チャンさんという名コ-チが適切な指導をしているのでしょう。この1~2年の彼の活躍は、法則を研究しています私の事例に取り上げたい活躍です。というのは、錦織圭選手は法則など当然考えていることはないでしょう。しかし、私の眼から見ますと3つの法則のようなものが関係していると考えています。それは、まず第一に、苦しい練習や多くの移動の疲れなど多くの困難に耐えているということです。耐えるというのは人に不思議な力を与えるのです。第2には数多くの敵というかライバル達が存在していて、競争をしているから、実力がつくのです。そして、最後に、コ-チの助言です。コ-チはインタビ-ュ-で言われていました。彼は必ず勝てるといわれます。それです。信念です。こうしたことから、5月に行われる全仏オ-プンが見ものでしょう。私は、かなりよい成績を残すのではないか期待しています。これは、単なる希望ではなく、法則らしいものが結果を出しているから、そのような感想を持っているのです。  錦織圭選手に拍手を送る老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。     

[PR]
by otona_jyuku | 2015-04-28 17:32 | スポ-ツ | Comments(0)

ネパ-ルでの大地震に感じること

本日の投稿も1昨日のネパ-ルでの大地震について取り上げてみます。昔と違って、インタ-ネットや衛星無線が発達していますので、自然災害の情報がより早く、リアルな形で報道されています。昔ならば、新聞が配達されてから目にする情報がすぐわかります。支援する立場の仕事をしている人はより効率よいサポ-トになっているわけです。そういう意味では、よりよい時代になったと実感しています。こうした災害で思い出されるのは、大学を出た後始めての仕事で、商社の営業をしていました。それで、九州全域をエリアとして交通機関を使い廻っていたのですが、よく台風が来るといって不通になることが度々発生していました。まだ、車の普及がそれほどすすんでいませんでしたので、鹿児島まで1泊2日とか2泊3日で出張することが多くて月のうちの半分以上は出張をしていました。おかげでかなりの所は行きましたが、五島列島、などの離島と大隅半島くらいがまだいったことがない所です。もちろん、当時とはまるで変っているでしょうが、今では、鹿児島は日帰りのエリアになっていることでしょう。鹿児島に宿泊している時に台風の直撃を受けたことがありました。深夜、目が覚めて旅館の窓から外をみると星空が見えたのを思い出します。台風の目の中にいたのです。よく無事だったものだと後から思いました。話はそれましたが、ネパ-ルで大地震にあったり、雪崩に巻き込まれてなくなった人は悲運としかいいようがないでしょう。正に、人の運命はわからないのです。今も死者の数が3300人以上になるという報道です。誰も、災害にあいに行くとは思いませんから、本人はもとより、家族もショックでしょう。今日、日本人の死者が1人ということですが、これ以上増えないことを願いたいものです。ネパ-ルでは登山客、観光客、ハイキング客もちろん仕事の人もいるでしょう。このように人を出している所はてんやわんやでしょう。こうしてみますと、何事もなく、インタ-ネットしていて無事が一番のかと思えます。      無事な老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-04-27 17:49 | 自然 | Comments(0)

世界で続く大自然の驚異は日本では???

つい先日、南米のチリ-の火山が大噴火を起こしたという国際ニュ-スがあったばかりで、またネパ-ルで大地震が発生してしまいました。時々刻々と被害の状況が流されています。まだ、かなり雪に覆われているところがあるようですので、雪崩が発生して登山をしている人が17人死んだということが報道されました。政府も国際緊急援助隊を出発させたそうです。ネパ-ルの建物はレンガ造りが多いようです。有名な観光の塔が崩れ落ちて観光客が生き埋めになっているということも言われています。そして、大地震はこのネパ-ルだけにとどまらず、隣国のインドやバングラディッシュやチベットにまで被害を広げているようです。建物がレンガ造りというのは怖いですね。援助隊の人も二次被害にならなければいいと思います。亡くなられた方の数が刻々と増えています。一時間の間に最初は1600人と言っていたのが、この投稿を始める前ではもう1900人を超え、2000人は超えるだろうと報道しています。それにしても、火山の噴火も大地震も、突然起こるのですから、どうしようもありません。それは、他人事ではなく日本でも南海トラフで予想される地震と津波がいつ発生するかわかりません。それでも生きていくしかないのです。だから、そのためにも災害対策はチャントやっておかなければなりません。自分は対策をしているつもりでしたが、ついつい、何も起こらないのでかなり手抜かりにかっていることを反省しています。すなわち、水と食料品はお米が1ケ月分はなんとかなるでしょう。でも乾電池はまったく使い物になりません。その他のもので一時期に準備していたものが、次第に補充しなくなりました。絆創膏もありません。こうしたことは、自分で対策をしておかないと誰もあてにはなりません。昔の人はいい言葉を残しています天災は忘れた頃にやってくる」という言葉です。この次に買い物に出る時は必要なものを補充しようと思っています。                被害と天災を心配する老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-04-26 18:39 | 歴史 | Comments(0)

現在の選挙制度に甚だ疑問を呈して

このところ、我が団地も例に漏れず連日スピ-カ-でがんがんと名前だけを連呼しています。こんな選挙制度はおかしい以前から考えています。特定の利権をむさぼる連中と官僚が手放さないのでしょう。なぜなら、誰も投票しないのに当選するのはおかしいのです。誰も対抗して立候補しないからそのようになるのです。ではなぜ、立候補しないのかといえば、そのためのハ-ドルが高くて特定の連中に都合のよい仕組み政府自民党・官僚が作っているのです。基本は民主主義といいながら、実態はまるでソ連の共産主義のようです。それでもまだ、個人の情報を掴もうという意図でマイナンバ-などというものをつくろうとしています。これは、はっきり言えば権力に都合の悪いことをする者をチェックするシステムなのです。もとSEからみれば、そのように見えます。だからこのような投稿をすれば、多分、マ-クされるのかもしれません。しかし、彼らは知りません。矛盾という法則らしいもののことをすなわち、2000年を大きく過ぎた現在、江戸幕府のような中央集権をとり続けたいのです。しかし、もう後戻りは出来ません。なぜこの選挙制度に疑問を持つのかは国民有権者が国会も地方も議員を辞めさせることが出来ないのです。だから、大阪のあの女性国会議員みたいなのがのさばるのです。はっきり言えば、彼らは商売なのです。金がもらえればいいのです。色々、きれいごとをいいますが、目的は金なのです。政府の官僚はそのほうが都合がよいのです。議員が余計なことをしたり言ったりされると自分たちのやりたいことの邪魔になるからです。また、このマイナンバ-は住其ネットと重複しています。このシステムは30年以上前にSEの時に山口市で全国で最も早く取り組んだのは私なのです。山口市が手始めだったのです。結論は、何時も取り上げますが、矛盾は自然に戻るのです。       昔のことの自慢と小言をいう老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-04-25 18:45 | 政治 | Comments(0)

夢が叶った本田宗一郎のプライペ-ト・ジェット

この数日のニュ-スは北海道の凄惨な事件、小学生の不明事件、18歳の女性不明など暗いことが多く報道されている中でやはり明るい話題に触れたいと思います。というのは、人間、暗いことばかりに接していると自分もそうなるのかという錯覚に陥ります。だから、読者の方にお伝えいたします。このことは法則らしいことの中にもありますそれで、出来るだけ明るいことや明るいTVを見るようにお勧めいたします。そこで、本題の「HONDA」の製作したプライベ-ト・ジェットが羽田に着陸したというニュ-スがありました。昨日、このブログの投稿が終わった後のことですが、ネットで海上から空港に着陸するまでの動画を見ました。その後のニュ-スでは、創業者の本田宗一郎氏の夢だったことが叶ったということでした。動画を見ているだけで自分が乗っているような気持ちになりました。もともと、すごい技術力のある会社ですが、実現しますとやはりいいなと感じています。自分の会社や個人で所有出来る人はうらやましい限りです。中国では、このようなプライベ-ト・ジェットの展示会が開かれているようです。どうも、「HONDA」の製作したプライベ-ト・ジェットもこの展示会へ出品のために来て、日本に立ち寄ったのかも知れません。報道によりますと、現在は100機以上の受注があり、これから順次納入していくとのことでした。価格は5億円位らしいので、お金持ちや会社では購入出来ない額ではないでしょう。もちろん、免許や格納庫、それにメンテナンスにも費用がかかるでしょうから、それぐらいの金額では済まないでしょう。でも、映像をみますとやはり楽しい感じがします。あの世で本田宗一郎氏はなんと言っているでしょう。喜んでおられるでしょう。ただ、ビジネスという観点から見ますとこのプライベ-ト・ジェットの生産販売はかなり競争が激しいようです。小生は全く縁のないことですが、関係する方々には頑張っていたたきたいと思います。 少し、うらやましい老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-04-24 17:23 | 技術 | Comments(0)

ドロ-ンの官邸への墜落に警備は???

昨日、総理官邸にドロ-ンが落ちていたというか、攻撃されたのかわかりませんが、落ちていたようです。どうも、何かの意図があり、意識して落としたのか、墜落させたのかはわかりません。どの国でも権力者は守るために厳重な警備をしているようですが、やはり、空はいずれにしても盲点でした。ご存知の9.11の攻撃も、それまでの感覚であれば、まさか、あのように航空機をのっとり激突させるということは考えられませんでした。今回のことも、恐らく政府の警備関係者は盲点をつかれたと感じているでしょう。どこでも、また、何時の世でも攻撃する側はあの手この手を考えて攻撃をします。そこで、守るのには大変な労力が必要になるのでしょう。前から、時々、ドロ-ンというものが出現したということは知っていましたが、インタ-ネットの普及でこのようなものが広がることも速くなっているのです。当然、法律で防ぐことは考えているのかも知れませんが、完全に後手にまわっています。とくに報道では海外の各国と比較しますと日本の対策が明らかに出遅れています。まだ、大きな事故にはなっていないようですが、時々そうした事故のニュ-スが流れています。このドロ-ンのような、それまでになかった物が出現すると、まったく何が起こるか予測することが出来ません。予測不能なものだから対策のたてようがないのかも知れません。何事も良いことと悪いことが裏表になっているようです。法則らしいことを研究している中にもこのようなことがあります。世の中に、昼と夜があるように一つのことや、もので両面の性質を持ものがあります。それを承知で生きていくしかないでしょう。      裏表の関係を知る老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-04-23 18:35 | 技術 | Comments(0)

中国の世界的な銀行設立に想うこと

まだ、最終的なことは発表されていませんが、中国が世界中の国から、出資してもらい銀行を作ろうとしています。今日はこの問題をテ-マにしてみようと思います。これはどうも、これまでのアメリカ中心の世界の動きの終わりを意味しているのではないかと考えます。世界大戦の後に、米ソの対立から、ソ連の崩壊、そして、アメリカの独断場でした世界が崩れたのでしょう。そもそも、国連では、日本はまだ、敗戦国という状況にあるのをご存知ですか?何かにつけて、不利な状況になっているのです。日本の政権は自民党が続けてきましたが、自民党は全て、官僚まかせでした。そのため、政治力やロビ-活動もしないままに終わっていたのです。ただ、経済は財界の力でアメリカにべったりとくっついているのです。それで、何事もなく済んでいましたが、中国に経済力がつき、それに伴い軍事力も強化しています。そして、今度は、金融の世界でも米国、欧州の圧倒的な勢力を切り崩そうとたくらんでいるようです。だから、世界中のこれまで、金融や経済の面から痛い目にあって来た国々から賛同を集めているわけです。どうも、政府、官僚は高をくくっていたような感じがしています。もちろん、アメリカも同じようなものでしょう。それでも、世界中の50ケ国以上から支持されているようです。世界の経済と金融を左右するIMFはアメリカ中心で動かしていたのですが、もう、それでは通用しない時代になったのでしょう。以前から、法則らしいものがあるといってきましたが、この現象は当然の流れだと思います、すなわち、これまでの矛盾が噴出したのです。矛盾というものは、必ず、自然に戻るのです。これを法則というかどうかは別にしまして、研究した結果は皆、矛盾は自然に戻っているのです。事例は登録しただけで17ケあります。それ以外でも数多く世の中にみることが出来ます。たとえば、日本の人口は減り続けていますが、政府の政策は、人口を減らす政策を採り続けています。総理などはうまいことをいっていますが、根本は子供を作れない非正規雇用を変えないでしょう。非正規雇用をなくせば人口は増えますよ。だから、中国の動きは自然の流れでしょう。そのためドイツ、英国なども賛成せざるを得なかったのでしょう。はたして、これからどうなるのか見守りましょう。        法則らしいものに確信を持つ老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-04-22 18:40 | 国際 | Comments(0)

日本の月探査計画に関しての想い

昨日、日本が月に探査する衛星を飛ばすという計画が発表されました。どうやら予算を取るようなことまで進んでいるようです。お昼の番組でも、専門の方がきて色々と解説しておられました。昔のことを覚えている者からすればよく自分の生きている間に、このようなことになるとは想像することが出来ませんでした私が、社会人になった頃はまだ、飛行機に乗るということが珍しい時代でした。かく言う私の父親は昭和33年に他界したのですが、この人は結局飛行機に乗ることが出来ないで生涯を終わった人です。こうしたことからみれば、感慨深いものがあります。よくよく考えれば、自分はもう70歳をすぎていたのです。この専門家の話によりますとかなり日本特有の技術があるそうです。詳しいことはわかりませんけれど、若い人の頭脳とこれまで積み上げてきた経験者の技術が融合して初めて可能になるのでしょう。そうしたことからみれば、未来のある若い人はうらやましい限りです。もう残り少ない老人は色々なアイデアはたくさん出てきますが、それを実現するには時間が足りません。それで、一つ思いついたことがありますので書きましょう。若い人へ一言、この文章をやる気のある若い方が読んで、自分がやってみようと思う人が出てくればうれしいのです。というアイデアは今、福島では原発の問題は解決していません。恐らく未来のロケットは原子力を推進力にして月どころか、その他の天体まで比較的短時間に到達できるものが出現するのではないかと思います。そうすれば、放射性の廃棄物をロケットに積み太陽に向かい飛ばせば自然に燃えてしまうのではないかと想います。これを実現するには原子力や原発などは国際管理すべきでしょう。人類の英知で解決すればよいでしょう。夢のような話ですが??      ロマンチストの老人より
公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-04-21 18:46 | 技術 | Comments(0)