<   2015年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

事件やニュ-スと人の欲について

今日の投稿で数日の間、連日投稿することが出来るようになりました。まだまだ、サイトは完成とはいきませんが、あと一つの問題が解決出来れば完成でしょう。それで、投稿出来る余裕が少し出てきました。今の所、投稿するだけでいっぱいなので、画像をアップしたり、人が投稿したものを見ることもあまりしていません。昨夜のニュ-スで殺された少年の犯人と疑われている人が逮捕されました。また、国会や政治の世界では、同じようなことをして追求を受けている議員が、あれやこれやと弁解ばかりしています。こういうものを見てから、老人はつい考えてしまいます。なぜ、彼らがそんなことをしたのだろうかということを。そこで、出てきた答えが、人の欲がさせるのだということです。堅苦しい表現かも知れませんが、人間は全て欲の動物なのです。はっきりいえば、欲の塊なのです。それを人の教育と理性というか、常識でコントロ-ルしているわけです。私の恥ですが、母親が死んでから相続の問題が出ました。不動産で1億を超える金額でしたが、弟が母親にうまく取り入って、公証の手続きをして、全部、自分のものにしてしまいました。どうも、母親はボケが始まっていました。その家(不動産300坪)に私が住んでいて管理は、私が10年以上手入れをしていましたが、そこは「いわゆるわけあり」の家でした。信じられないと思いますが、アンビリ-バブル」のことが頻発していました。私は、それをもらわなくてよかったのです。この家にいて考えられないことが頻発していました。ほとんどの人が知っている昔話の「こぶとり爺さん」の話の通りになったのです。どうやら、その不動産は過去にかかわっていた人が自殺したりしていたようです。弟はそんなことは全く知らずに、自分の欲望だけで、自分のものにしてとんでもないものを背負いこんだのです。この前後から、完全に絶縁になっていますので彼にどういうことが起こったかわかりません。予測はついています。そこで、この投稿したのは先人の残した「昔話」や言葉や四字塾語は今の生活のそのものだということです。バカには出来ないのです。長くなりましたのでここらで、終わりにいたします。
追投稿   公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-02-28 15:17 | 社会 | Comments(0)

レンタルサ-バ-・ドメインの契約

先日からの投稿に書きましたサイトのことを書いてみます。色々なプロバイダ-のサイトを覗いてみました。それで、いくつかお試しもしましたので、やっと見れるようになりました。しかしながら、お試しの期限が近いのですが、思わぬことが発生しました。というのは、申込の入力の時にわかったことですが、あらかじめ一つの契約で二つのサイトが開けると問合わせで回答があったのに、申込みの入力では、二つの契約を申込をするようになっていたのです。本当は今日の午後にでも振込みをしようと考えていました。気がついてよかったと思います。費用が倍になる所でした。
それから、サポ-トについても問題が発生しました。現在、お試しをしている所も、以前お試しをしようとしたところも、いまいちなのです。たとえば、サポ-トは良いのですが、サイトが有料になると書いてあり、どれが有料か無料かの判断がつきません。ということで、現在、心が揺れ動いています。いっそ、最初にもどり検討し直そうかとも思います。ホ-ムペ-ジを作成して公開しようと考えていた最初からは予想もつかないことばかりです。自分は何のためにこんなことをしているのかと自問自答しています。70歳を超える老人には、ストレスになることばかりです。ということで、出来上がったサイトの公開は当分、お預けにして、じっくり調べ直すことにいたします。時々、この投稿を読んでいただいている方がおられたら、お詫びいたします。本日の投稿はこれにて、終了とします。    ストレスを抱えた老人より
追投稿   公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-02-27 18:10 | ネット | Comments(0)

矛盾について

昨日に続き、投稿します。いつも、インタ-ネットは午後から接続すると決めています。毎日の生活では、ニュ-スを見ないわけにはいきません。特別、政治に関心があるわけではないのですが、この数日に自民党の国会議員で政府の要職の大臣で金と政治にかかわることで、辞職したり、国会で追及されたりしています。私は、これは必然だと考えています。なぜなら、本来、国会議員は法律を作る人です。当たり前なのですがこういう人が堂々と法律を破り、追求されるとうやむやにしています。言い草がふるっています。自分は法律に反しているとは思わないというのです。これは、たとえがいいかわかりませんが、ドロボ-が盗んだものをそこにあったから持ってきたというのと同じです。これこそ「矛盾」そのものです。こうしたことは、今に始まったことではないのですが、結果からみれば、自然に戻っているのです。
有名なロッキ-ド事件、リクル-ト事件など過去の事件を見れば山ほどあります。ナントカ水で追求されて自殺した松岡議員もその中の一人です。当事者の考えはバレないだろうとたかをくくっているのです。そこには、矛盾したことをしているという自覚はまったくありません。私はこの矛盾ということは一つの法則ではないかと考えています。それは、「イスラム国」という所と表面上では関係がないように見えますが、過去の米、欧のやってきたことの矛盾が引き起こした結果だと思います。だから、仏でもその他の国でも、過去に植民地にして支配していた所から人が流れ込み、そういう人を虐げた結果、そうした人とか子や孫たちがテロの誘いに乗っているのだと思います。だから、国内の矛盾を解決しない限り、このようなことは続でしょう。ずはり、言いますと「矛盾」は必ず、自然に戻るのです。このような事例を数多く、調べています。長くなりました。公開するサイトもこのような視点で造りました。完全になりましたら、URLとサイトの内容をくわしく公開し、説明いたします。本日の投稿はこれまでです。    理屈やの老人より
追投稿   公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-02-26 17:16 | 政治 | Comments(0)

知識と現実の生活について

いよいよ、サイトのアップロ-ドのテストをしています。二つのサイトを続けてアップするのは大変です。何せアップすることさえ初めてのことなのです。友人の力を借りてやっています。先日も、この投稿の下書きを作成している時に、友人からSKypeでの呼び出しがありました。それまでの処理でわからなかったことを教えてもらうためにSOSのメッセ-ジを送信していたので、後回しになりました。二日位遅れになりましたが、やっと時間がとれましたので、続きの投稿をしています。おかげで、二つのサイトのどちらも、完全に公開できるようになりました。最後に、友人に見てもらい、経験者の目からの助言をもらってから、くわしくURLを公開いたします。現在、3月1日を公開の予定日にしています。
本題のテ-マについてまとめていきます。これは、間接的には公開するサイトにも関係してくることです。前回の投稿でも少し触れたと思いますが、今の現実の生活には学校や本から得た知識と目の前のことが一致していない人がかなり多いのです。たとえば、学校で四字熟語で「因果応報」というものはよく知られているでしょう。ところが、の意味をどれ位の人がわかり自分の考えや行動にどのようにかかわっているのか考えていないのです。というのは、ある日、TVの記者のインタビユ-で拉致被害者の方にこの塾語ようなことの意味を質問したら、受けた人は、「そんなことは関係ない」とその記者に怒鳴り返していしました。この方はかなりの年齢でインテリの方でした。このことを見て知識と現実の生活とは別物だと考えておられるということがわかりました。このようなことは、現実の社会ではかなり見受けられます。政府の要職についている人でもそうでした。それが、世の中を複雑にしていると思います。昔の人の残した言葉は現実生活から出てきたものだと思います。 長くなりましたので、続きは後日投稿いたします。
追投稿   公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-02-25 21:40 | 社会 | Comments(0)

人生の体験とサイト

前回投稿してから、かなりの時間が経つてしまいました。サイトを作成しようと考えた理由は、その投稿の通りですが、あまり過去のことは振り返りたくはないのです。というのも、あまりにも、辛く苦しく、悲しいことばかりが出てくるからです。しかし、冷静に考えますとなぜあんな苦しい体験をとたのかと思いました。そこで、少し、自分の体験を生かしてみようと考えました。それでサイトを造り活用としようと思いました。30歳で結婚し、3人の子供がいました。その頃は日立の直系の情報処理会社でSEやSA、コントロ-ラ-をしていました。サラリ-マンで転勤もし、営業の開拓、営業所の開設もしました。しかし、社内の人間関係で行きずまり、ある同業の会社からスカウトされましたので、退社しました。43歳の時です。それがとんでもない会社でした。今で言う「ブラック会社」だったのです。それからが地獄の始まりでした。「ブラック会社」をすぐに辞めて転職先を探しても見つかりませんでした。それで結局、自分の会社を作り情報処理の仕事しましたが、まともな収入がなく必死でがんばっている時、妻が近所の男の愛人になりました。それを問詰て離婚となりましたが、3人の子供は自分の子供ではないと薄々感じていました。その証拠に慰謝料はもらいたかったのですが、養育費のつもりでもらいませんでした。もちろん、妻だった女も養育費の一言もいいませんでした。こうした体験から多くのことを学びました。それでサイトは法人と個人の問題や悩みの相談にのるサイトにしました。詳しいことは別の機会に投稿いたします。
かなり、長くなりましたので、本日の投稿はそろそろ、終わりにしようと思います。
悩みぬいた老人 より
追投稿   公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-02-22 17:44 | 人生 | Comments(0)

老人がサイト作成をする理由

この前に投稿してから、もう数日たってしまいました。なにせ、サイトを造るだけではなく、公開をすることも、人生の初めての体験です。わからないことばかりで、四苦八苦しています。それで気がつくと数日がすぎていました。タイトルの作成の理由ですが、65歳のとき、年金がでることがわかり、これからは人生を終わらせるだけだと考えていました。何かの番組でみたか覚えませんが、ボケ防止に漢字の勉強をはじめました。それで、最初は準1級からはじめ、1級もテキストを買い、ノ-トに整理しましたら、約7000ケの熟語がありました。そうこうしていると、苦しかった過去のことが思い出されました。なぜかと冷静に振り返ると一つの大切なことがわかってきました。それは、人生の分かれ道になる手がかりになるものです。そのことを追求していきますと人の生きるうえで、人の手助けになると思いました。それを公開して役立てようと思い、サイトを造ろうと始めたのです。
追投稿   公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-02-18 21:32 | 人生 | Comments(0)

サイトと人間の関係

自分でサイトを造りアップしようとしてきましたが、最初は全くわかりませんでした。どのプロバイダ-が良いのかもです。だんだん、あちこちを開いてみますと、面白いことがわかってきました。あるサイトでは、問合わせの入力が出来るのにまったく、無視して回答を返信しません。あるいは、すぐに適切な回答をする所もあります。また、別の角度から見ますと技術的な難しいことを出しているところもあります。
別のところでは子供相手のような所もあります。70歳を過ぎた老人には、自分がサイトを造りますと制作した人の気持ちがわかりますし、その人の考えが透けて見えるのです。だから、どうも、危ないなと感じた所は消えてなくなったり、以前は派手に宣伝していたサイトが表示されませんとなっています。どのようなことからそうなたのかわかりません。はっきり言えば、作る人の人がらや考えが反映しているようです。
自分も心して、作成しようと思います。     物好きな老人 より
追投稿   公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-02-13 17:53 | ネット | Comments(0)

最近のブログやツイッタ-の投稿について

いつもは、投稿ばかりしていましたが、先日投稿した後で、他人が投稿したものを始めて見ました。老人一人の生活では、写真をとることもなく、また、とってもらうこともありません。このエキサイト・ブログもツイッタ-も皆さんはかなりの人が、というよりもほとんどが写真などの画像の花盛りです。自分は別に、目立つつもりもありませんし、ただ、ボケの防止のつもりで投稿しています。昨年から、作成していたサイトが完成しましたので、現在は、お試しの登録をしているところです。問題がなければ、「アドレス」をご紹介いたします。関心がある方は覗いて見てください。いつも、ボヤキばかりなので本日は、これで止めにします。 ボヤキを休む老人より
追投稿   公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-02-10 14:52 | 社会 | Comments(0)

健康とやる気と信念

昨日、投稿しようかなと思っていましたが、アップする予定のものにいくつかの問題がわかりましたので、修正するのにまる1日かかってしまいました。できるだけ毎日、投稿したいとは思いますが、思い通りにはなりません。この数日は身体の調子があまりよくありません。いつ死んでもいいと覚悟はしていますが、せっかく苦労して作成したサイトを公開しないでポックリいくとくやしいので頑張っています。やる気は充分なのですが、70歳を過ぎると身体がついていきません。
健康をテ-マにしている番組もいろいろあるようですが、嫌いなので全く見ません。60歳を過ぎる頃から歯槽膿漏で歯が抜け始めて、今ではほとんどありません。その頃、歯科医から歯がなくなれば、色々な病気になる脅かされましたが、特別なものはなく、この20数年全く交通事故以外、病院にいったことがありません。関係者には申し訳ないのですが、小生、病院は信用していません。なぜならば、病院は病をなおすべき所なのに病院で感染症、手術ミスなどで殺されるからです。自分では健康を保つ信念があります。自分の身体は、今どのようになっているか想像できます。一時期には、運動をすればと、スポ-ツをすすめられましたが、結局、逆効果でした。やってみて、思わぬところが痛くなり、薬に頼るようになりました。長くなりました。結論は、自分の身体も生活も自己管理するしかないのです。では又、投稿します。 やる気のある老人より
追投稿   公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。


[PR]
by otona_jyuku | 2015-02-08 14:27 | 健康 | Comments(0)

教育と常識と教養

いつも、同じようなことを投稿しているような気がしますが、つくづく、大人が若い人たちに教育することが如何に大切か実感させられるニュ-スが続いています。名古屋大学の女子大生が人を殺してみたかったとして、実際に、殺人を実行したのです。両親や周りの大人はどのような教育をしていたのか疑問に思います。
それと少し違うことで、いつか、柔道をしていた総理大臣の時から、文部省は大学の教養課程を廃止してしまいました。その影響かどうかわかりませんが、昔なら、そうしたことで、前記の殺人のような考えを持つと周りの大人からおかしいとして、常識を教えられたものです。どのように頭が良くて知識が豊富でも、常識に欠ける人が多いと思います。食べ物を口に入れたまま、コメントを言わせる番組責任者も常識がありません。また、人に挨拶をする時に、ポケットに手を入れたままの若者もいます。列車の中で大きな顔をして、恥ずかしげもなく、化粧をしている若い女性もいます。そうした非常識な人は必ず、ボロが出ます。
あるいは、成人の日と制定されているのに、若者に受けるように同窓会みたいなことをさせる自治体の責任者もいます。本来は、成人になればどれだけ自覚を持たないといけないかを教えるべきです。たとえば、サイトに殺害予告したり、盗んだものをネットオ-クションに出すことなどです。サイトを調べれば、誰かがわかるのに、本人は自分だけはわからないと考えています。親が携帯やスマホを子供に持たせることの前に、子供にこのようなことをしっかり教えていないのです。もちろん、学校でこうしたことを教える必要はありません。
こうしたことを投稿するのはこれで終わりにします。次から別の視点で投稿します。
ニュ-スに疲れた老人より
追投稿   公開したサイトは「http://www.onayami-for-you.com」です。覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-02-05 16:46 | 教育 | Comments(0)