行方不明の子供を見つけたボランティアの尾畑春夫さんではっきりしたことを取り上げましょう。彼は常に人の気持ちを考えて行動しておられます。そして、同時に自己管理を徹底しておられます。

今日の投稿は、行方不明の子供を見つけたボランティアの尾畑春夫さんではっきりしたことを取り上げましょう。これまでも時々この投稿に書いたことがありますが、法則を見分ける方法のことです。すなわち、自己管理をして、人の気持ちになれということであるということです。そうすれば、自ずから、わかってくるのです。上に書いたボランティアの尾畑春夫さんを見ればよくわかると思います。彼は常に人の気持ちを考えて行動しておられます。そして、同時に自己管理を徹底しておられます。たとえば、マスコミからインタビュ-されたら、自分食事の時間を後回しにして記者の相手をしていました。そして、食事をしたのが16時間後だと言われています。子供を見つけたのが探し始めて30分位で見つけたというのは、慈悲の法則だろうと思っています。すなわち、これまでも、人を助けていたので、その効果が結果を出したと思います。人によっては、それは、単に偶然と言うかも知れません。これは、昔の言葉の通りになっているのです。それは「情けは人のためならず」という言葉のとおりなのです。これが、慈悲の法則なのです。
久しぶりに法則の説明をした老人より
相談サイトのURLは「http://www.onayami-for-you.com/index.html」です。個人サイトのリニュ-アルは、個人サイトを更新しています。ログイン後には詳しくご覧になれます。ログインでスマホ分岐を入れました。「Facebook-Note」と「Twitter」に無料のお試しの募集を投稿しています。

[PR]
by otona_jyuku | 2018-08-21 00:26 | 教育 | Comments(0)
<< やっとスライドショ-で法則の内... インドネシアでアジア大会が開か... >>