普段は誰でも、自分の国のことを愛している愛国心があります。ほとんど意識しません。しかし、五輪やスポ-ツの大会では、どうしても国を代表している時には感情的になります。

今日の投稿は、サッカ-のワ-ルドカップのことを書きましょう。と言っても、試合の内容のことは全くわかりませんので、人と自分の国のことを書きましょう。普段は誰でも、自分の国のことを愛しているという愛国心という言葉がありますけれど、ほとんど意識することはありません。しかしながら、五輪を始めとするスポ-ツの大会では、どうしても国を代表している時には感情的になります。だから、ワ-ルドカップの試合でミスのためにオウンゴ-ルして帰国した選手が、空港で銃撃されて亡くなったこともあります。それだけ、国を背負うことは、外国では大変なことのようです。そして、過去には、スポ-ツから争いになり戦争になったこともあるようです。日本人の私には、なかなか理解しがたいことですが、それだけ国を背負うということは大変なことのようです。だから、野球のWBCの大会の選手に選ばれた人は、ユニフォ-ム着てから代表の重みを感じますという言葉を聞いたことがあります。サッカ-のワ-ルドカップで決勝ト-ナメントへの出場が決まったということも、監督や選手に大きなプレッシャ-になっていたと思いました。
ワ-ルドカップの選手関係者に感謝する老人より
相談サイトのURLは「http://www.onayami-for-you.com/index.html」です。個人サイトのリニュ-アルは、個人サイトを更新しています。ログイン後には詳しくご覧になれます。5月20日で、Chromeのズレがなくなるよう補修が終わりました。5月22日から速探しを補修しています。「Facebook-Note」と「Twitter」に無料のお試しの募集を投稿しています。
[PR]
by otona_jyuku | 2018-06-29 23:54 | 国際 | Comments(0)
<< 法則の研究しているうちに、この... 大人は子供に自己管理について教... >>