たけしのアンビリ-バブルを見てからの書きましょう。今では、多くの人に親しまれているからし明太子を作り広めた創業者のお話を取り上げます。この明太子を苦労して作りあげた川原俊夫さんの話です。

今日の投稿は、たけしのアンビリ-バブルを見てからの書きましょう。今では、多くの人に親しまれているからし明太子を作り広めた創業者のお話を取り上げましょう。テレビを見た方も多いと思いますので、この明太子を苦労して作りあげた川原俊夫さんの話です。そこには、現在の、安倍総理や日大の幹部のうそをつき通す人には理解出来ないことがあります。それは、自分のことよりも、相手のことを思い、また、地元の祭りの金がない時には1000万円をポンと寄付をしたということでした。それも、現在の価値にすれば、1700万円にもなるものでした。そして、顧客のことを考えて、10年もかかって作り上げた明太子作りを特許も取らず、多くの人に公開しています。今では、日本国中に広がっています。どこかの、権力者とは違い、人に尽くしたことで、亡くなった今でも、悪く言う人はいません。私の30代の頃、日立の系列会社でSEをしていた時に、中州にある福屋の近くのスナックによく出かけて行ったことを思いだします。
昔の中洲のスナックに行ったことを思い出した老人より
相談サイトのURLは「http://www.onayami-for-you.com/index.html」です。個人サイトのリニュ-アルは、個人サイトを更新しています。ログイン後には詳しくご覧になれます。20日で、Chromeのズレがなくなるよう補修が終わりました。22日から速探しを補修しています。「Facebook-Note」と「Twitter」に無料のお試しの募集を投稿しています。
[PR]
by otona_jyuku | 2018-05-31 23:50 | 人生 | Comments(0)
<< 何とか夕方までに、速探しペ-ジ... 一昨日、90才の女性が、信号を... >>