緊迫しているイランと米国の関係を取り上げます。まず、災いの根源は、幼稚な米リ-ダ-の言動にあります。そのために、現実に石油に依存している国や会社、個人、全て迷惑をこうむっています。

今日の投稿は、緊迫しているイランと米国の関係を取り上げます。まず、災いの根源は、幼稚な米リ-ダ-の言動にあります。そのために、現実に石油に依存している国や会社、個人、全て迷惑をこうむっています。なぜならば、バカなトランプの言動により、原油市場の高騰に伴い、小売の石油やその他の製品が値上がりしています。それで、売っている側も、買う側も、大変になっています。それで、欧州諸国も、イランも反発しています。このまま続けば、戦争になる可能性は、かなり大きいものになります。すなわち、米国とイランとの間の戦争だけに終わりません。当然、イランは米国に直接攻撃する力はありませんが、親米のイスラエルに攻撃するでしょう。おまけに、ロシアもシリアも参戦すると思われます。厄介なのは、単純に敵か味方かというものではありません。一面では、敵対しており、違う面では、反対のことをする可能性があります。特に、イスラエルとイランやシリア、などでは、いつでも戦火になるでしょう。
トランプのせいで多くの人が怒っているという老人より
相談サイト「http://www.onayami-for-you.com/index.html」です。個人サイトのリニュ-アルは、個人サイトを更新しています。ログイン後には詳しくご覧になれます。20日で、Chromeのズレがなくなるよう補修が終わりました。22日から速探しを補修しています。「Facebook-Note」と「Twitter」に無料のお試しの募集を投稿しています。
[PR]
by otona_jyuku | 2018-05-10 00:17 | 経済 | Comments(0)
<< 時間がきましたが、昨日の夜の試... かなり無駄なことをしていると思... >>