ノ-ベル文学賞の受賞が決まっていた歌手がノ-ベル財団と連絡が取れてなかったので辞退するのではと言われていました。どうやら、連絡がとれたようです。

ノ-ベル文学賞の受賞が決まっていた歌手の人とノ-ベル財団の連絡が取れていなかったので、もしかして、辞退するのではないかとささやかれていました。しかし、今日、どうやら、連絡がとれたようです。そして、辞退することもなさそうです本人はイギリスの放送局のインタビュ-に答えたようです。それによると「まさか自分がノ-ベル文学賞の受賞する」とは驚いたということです。12月に行われる授賞式に出席するかどうかは明確にしていませんが、そのうちにはっきりすることでしょう。ものごとは考えようです。私のような古い人間は、どうも歌は文学と違うのではないかと思うのです。まあ、大きなくくりで言えば、芸術というものになるのでしょう。見方を変えれば、これから音楽をやっている人にとれば、自分達もノ-ベル文学賞に選考される可能性が出てきたということです。
ノ-ベル賞の選考が広がることを歓迎する老人より
個人の悩み相談サイトhttp://www.onayami-for-you.com/index.html」です。
[PR]
by otona_jyuku | 2016-10-30 00:02 | 文芸 | Comments(0)
<< 東京都の小池知事が政治塾を今日... 7人の侍をめぐり東京都の自民党... >>