今日は、ニュ-スに重点をおいて、二つのことを取り上げます。家出した少女と70時間ぶりに助かった若者のことです。

いつも、ニュ-スを見ている方は知っていると思いますので、細かなことはあまり書きません。というのは、生きていくという「人生」のことを考えてみようというのが、趣旨です。まず、インタ-ネットを使って家出を助けてくれる人を探して、家出した少女はやはり子供でした。すなわち、家出をするのは、現在の親とか周囲が嫌だから実行したのです。それに加えて、家出を助けた男は30歳というから、この男も「子供」なのです。どんなに本人から頼まれても、親権者の親の承諾がないと誘拐という犯罪になることを知らないのです。どんなに弁解しても、通用しません。それぐらいのことは知っておかなければ、「大人」とは言えません。ましてや、家で少女の親権者の親が、警察に捜索願いを提出しているので、公開捜査になったわけです。親は探したのでしょう。まあ、無事で見つかり、よかったです。親は、ほっとしているでしょう。次に、中国の地すべりのために生き埋めになっていた若者が、70時間ぶりに助け出されました。良かったですネ。それでも、中国の救出というのは、乱暴ですネ。日本なら、生き埋めになっている所に重機を入れて探すなどとは考えられません。下に人か埋まっている可能性があるので、みすみす生きた人を殺すようになります。それでも、捜索をしている所を国民や外国に見せたいのでしょう。両方の若い人は、生きていて良かったと思います。     捜索の方法で生命の考えがわかる老人より       
公開したサイトはサイトhttp://www.onayami-for-you.com」と法人サイトhttp://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.html個人サイトhttp://otona-kojin.extrem.ne.jp/index.htmlです。今後も、より良く改良しますので、お気軽に覗いてください。次は「介護の問題」を追加しょうと思っています。
[PR]
by otona_jyuku | 2015-12-23 23:18 | 人生 | Comments(0)
<< 来る年末年始の気象情報は幸いな... プレミアム商品券は本当に景気の... >>