昔、行ったことがある製薬会社が血清の製造で認められない作り方をしていました。利用してる大勢の人にショックを与えました。

また、昨日、企業の不祥事のニュースがありました。もう、今年になって、どれだけ大企業の不祥事のことを投稿したでしょうか?この会社は40年もの間、全社の組織を挙げて不正を働き続けていました。そして、どうも内部告発があって、発覚したようです。会社名は熊本市の大手製薬会社の化血研という会社です。実は私は、コンピュ-タの会社に入る前に商社の営業をしていました。この開始には何度も売り込みに行ったことがあります。その時は受注することは出来ませんでした。というのは、プラスチックの成型品、すなわち、加工品を販売する担当でしたので、この化血研で使用している薬の容器の売込みにったのです。その時にわかったのは、この会社は役所すなわち、当時の厚生省の出先みたい会社でした。全てが役所と同じでした。なぜならば、この会社の幹部のほとんどが、厚生省の役人の天下りでした。だから、私はその当時のことを思い出して、報道されたようなことはやっているだろうなと感じていました。ずばり言わしてもらえば、感覚的に付き合いたく無い会社だったので、数回訪問しただけで行かなくなりました。多分、変っていなければ、熊本城のすぐ近くで、いわゆる、石垣を通り抜けて城内に行った記憶があります。ニュ-スを見て、やはりそうだったのかという思いでした。その当時の会社の上司は偉く気に入っていたようですが、結局、その会社は2年半で退職しました。なぜ、現在はこのような会社の矛盾した不正を続けていることが次々と出るのかわかりません。結局、矛盾の法則通りになっているとしかいいようがありません。        若い頃からの直感は当たっていたと感じる老人より 
公開したサイトはサイトhttp://www.onayami-for-you.com」と法人サイトhttp://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.html個人サイトhttp://otona-kojin.extrem.ne.jp/index.htmlです。今後も、より良く改良しますので、お気軽に覗いてください。

[PR]
by otona_jyuku | 2015-12-05 23:52 | 健康 | Comments(0)
<< 12月に入りサッツカ-のJリー... ノ-ベル賞の受賞が決まっていた... >>