次から次へと始めてのタレントというか芸能人が出てきます。そして、いつの間にか出なくなります。消耗品か?

あまり、芸能番組は見ませんが、日曜日となると、もうそのような番組しかありません。仕方なく見ていますが、1週間も経ちますと入れ替わり、立ち代り、出てくる人が変ります。もう名前など覚えきれませんし、いつの間にか番組には出なくなります。どうやら、芸能界という所はそのように人を消耗品のように使い捨てをする所のようです。男の場合は、危険なことをするか、あるいは、奇妙な格好などをしています。女の人は当然のように裸の写真をとり、法にかからないようにして、売名しています。そこには、供給する芸能プロダクションがいるのです。それが、商売であり、そうしたことを承知でこの業界に入って、バラエティなどに出て売れたら儲けものなのです。そこには、見せられる側のことなど関係がありません。そうして、売れることを願う若い人達はなんとしてでも、出たいのでしょう。そして、なんと言われようと、出ないと生活することが出来ません。だから、「それでも生活がかかっている」のです。もちろん、その中にも、信念をもって頑張って成功した人もいます。ただ、そういう人はかなり厳しい門をくぐるようです。そして、そうなれば、一躍、スタ-で、生活に困る人はいません。そういう人は30年も40年も下積みをしています。今、出ている人は大なり、小なり、下積が長いのです。まあ、どんな仕事でも簡単に稼げる仕事はないということです。もしあれば、手が後に回るような世界の仕事なのでしょう。     感心して見ている老人より
公開したサイトは
サイトhttp://www.onayami-for-you.com」と法人サイトhttp://otona-houjin.extrem.ne.jp/index.html個人サイトhttp://otona-kojin.extrem.ne.jp/index.htmlです。覗いてください。3つのサイトは飛ばして見ることが出来ます
[PR]
by otona_jyuku | 2015-09-20 23:12 | 文芸 | Comments(0)
<< 強引な手法でかつ、狡猾なことを... 大洪水の後にすぐに連休です。被... >>