民進党の崩壊が止まりません。言っている人は現実がわかっていません。なぜなら、前原氏の言うようにしたら、野党の受け皿になれるのかです。

民進党の崩壊が止まりません。今日も、離党する議員の離党届や離党表明の議員が続いています。前代表の「蓮ホウ」さんの辞任表明の前から、政治の路線というか方向が違うと言って足を引っ張っていた「前原氏」が今度は自分が代表になってから、同じことをされています。言っていることがおかしいのです。出る議員も、残る議員もダメです。言っている人は現実がわかっていません。なぜなら、前原氏の言うようにしたら、野党の受け皿になれるのかです。「根本が間違い」です。すなわち、巨大政党の自民党に対抗するには、多少の意見の食い違いのことを言えば、「バラバラ」になるのは明らかです。ずばり、明治維新の時、倒幕しようという人達が、現在の民進党のようならば、成功していません。自民党に対抗出来る政党ならば、強力なリ-ダ-でないとまとめられません。一種のカリスマを持っていないと自民党の「思う壺」です。バラバラの方が、彼らにとって都合がよいのです。強力なリ-ダ-が出てきて、多くの議員をまとめる人ならば、ガラット」変わるでしょう。現在の、国会議員のいうことは、てんでバラバラです。目先の都合の良いことをいっているだけです。たとえが良くないかもしれませんが、かつての「小沢一郎さん」のようなまとめていける人でないとダメです。そこで、まとまって、一時期は「政権まで取れたのです。」それを、小沢は強引とかいって、バラバラになり、何をしたのかです。多くの支援者を裏切り、失望させたのです。だから、政党の支持の割合では「どこの政党でもない」というのが、半分近くの40%を越えているのです。
民進党の離党した議員、以外の議員に聞きたい老人より
個人の悩み相談サイトhttp://www.onayami-for-you.com/index.html」です。個人サイトのリニュ-アルでは、少しずつ個人サイトを更新していきます。ログイン後には詳しくご覧になれます。先日、「ログイン」のBasic認証が完成いたしました。数日中に、「Facebook-Note」と「Twitter」に無料のお試しの募集を投稿いたします。
[PR]
by otona_jyuku | 2017-09-15 00:27 | 政治 | Comments(0)
<< 神戸市の白昼で暴力団の銃撃事件... お昼のニュ-ス兼天気予報で台風... >>